OPEA ドイツで働きながら生活する、ドイツオペアプログラムの紹介

オペアプログラムについて

オペア(オーペア)って何?

オペア(オーペア)は、フランス語の "Au Pair 〜対等の立場で〜 " を語源とし、自立心ある若者の国際交流を手助けするプログラムとして知られております。

プログラムの期間は通常1年。(※場合により、若干短めのプログラムもあり)期間中は、オペア受入先のホストファミリー宅に専用のベッドルーム(個室)が与えられ、ホストファミリーとの食事や、その他一部の家族行事にも参加することが出来ます。

具体的なプログラム内容は?

オペア(プログラム参加者)は基本的に週30時間、ホストファミリー宅での子供の世話(週1〜2回程度の夜間ベビーシッター含む)や部屋の掃除、洗濯、アイロンかけなど、子供の世話を中心とした基本的な家事を手伝うことに同意し、その代償として、オペア期間中は無料(+若干のお小遣)にて、ホストファミリー宅で滞在できる他、以下の権利/報酬が与えられます

  • 専用の個室での滞在 (ホストファミリー宅)
  • 1日3食の食事(ホストファミリー宅)
  • お小遣い(205ユーロ/月〜)
  • 語学学校への参加許可(費用は、基本的に自己負担)
  • ドイツ国内での健康保険加入(ホストファミリー負担)
  • 4週間分の有給休暇(1年滞在の場合)

ドイツ オペアプログラムは、上記条件にてドイツのホストファミリー宅に滞在するプログラムです。オペア期間中は、ホストファミリー宅の一員として、また子供達の良き「お兄さん」「お姉さん」として子供達と一緒に遊んだり、お話を聞かせたりと、彼らとの対話を楽しみつつ、自身のドイツ語力をブラシュアップさせて下さい。

自由時間は、どのぐらい?

ホストファミリーと予め設定された労働時間以外は勿論、貴方の自由時間です。ですので、その時間帯にドイツ語学校や、Volks Hoch Schule に行ったり、また現地で出来た友達と外出したりと、貴方自身のスケジュールで、ドイツでの生活を存分に楽しむことができます。

オペアプログラムへの参加費用は、ほぼ無料です。 参加者は、受入先ホストファミリーの選出およびオペア申請サポートの手数料として、実費250ユーロ をお支払い頂くのみで、それ以外の費用はかかりません。
※ドイツ=日本間の往復航空券は、自己手配/自己負担となります。

エージェントの役割

私達(OPEA)は、ドイツで正式認可を受けている、オペア仲介社との提携により運営されています。 私達(OPEA)が、日本人オペアの出発前までのケアをするのに対し、ドイツのエージェントは、受入先ファミリーの選出や、オペアがドイツに到着した後のケアを行います。

提携先エージェントが紹介するホストファミリーは全て、事前の書類審査などにより予め厳選されています。ですが、万が一、紹介されたファミリーと問題が起きた場合や、ファミリーの変更以外に解決策がないと判断した場合、現地のエージェントに連絡することで、変更料無料にてファミリーの変更を行っています。

オペア期間中は、エージェントが定期的にドイツ各地で開催している集会を通して、他のドイツオペア参加者と知り合うことができます。 また、エージェントは、万が一の場合に備えて、24時間体制での緊急電話番号も用意しています。

ドイツで独語を学ぶ
ベルリン、フランクフルト、ミュンヘン 詳細はこちら