OPEA ドイツで働きながら生活する、ドイツオペアプログラムの紹介

ドイツの魅力

「海外へ行く」というと、私達はまず、アメリカ、オーストラリア、カナダ、そしてイギリスなど、英語圏への渡航を優先的に考えがちです。
勿論、「英語力の向上」という目的が第一であれば、それらの国で生活することのメリットは大きいですが、「海外で生活する」という点においては、ドイツは他の国にない、素晴らしい魅力が数多くあります。

  • 文化: 長い歴史と文化を誇る国

    「ヨーロッパ経済の中心」といえる大都市と、童話に出てくるような、愛らしい街とが混在する国、ドイツ。広大な森、中世の繁栄を物語る数々の古城、そして長い歴史を誇るワインとビールで有名なドイツには、数々の歴史と文化が集まっています。
    また、1990年にベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツの再統一が行われて以降、ドイツは今、歴史的にも経済的にも新たな局面を迎えているといえます。

    芸術、哲学、科学などの分野において数多く歴史的人物が生まれ育った国。そんな古き良きドイツに、一度じっくり滞在してみませんか?

  • 言語: ドイツ語は、ヨーロッパの重要言語

    日本では「外国語」というと、まず英語を学びます。もちろん、英語は「世界言語」として、今日世界的に重要な役割を果たしていますが、ドイツ語はかつて、ヨーロッパ圏内における優勢言語として知られており、今日もなお、重要な第二外国語の一つとして、世界中で広く学ばれています。

    ドイツ、スイス、オーストリアは勿論のこと、またその周囲のを囲むヨーロッパ圏内においては、いまだ重要な言語であるドイツ語を身に付けることにより、ビジネスや旅行、芸術など、様々な分野での可能性が広がります。
    またその実用的魅力の一方で、長い歴史と文化を誇るドイツ語は、世界的に有名な文学/哲学/思想家の著書を原文で読むことを可能にする、そんな魅力ある言語の一つといえます。

  • 生活水準: 社会ストレスの少ない先進国

    ドイツは現在、アメリカ、日本に次ぐ世界第三位の経済大国でありますが、資本主義が第一であるアメリカや日本に比べ、ドイツの経済構造は、やや社会主義的な側面も、あわせ持っているのが特徴といえます。経済成長などの点においては、その構造改革を迫られている今日ではありますが、それでもやはり、ドイツの社会構造には、激しい競争社会が進む他の先進国にはない、経済的かつ精神的豊かさがあるように思われます。

    例えば、ドイツで働く従業員の立場は非常に強く、法律や労働組合の力により、最低賃金や労働条件などが厳しく守られています。また自営業や小事業を守る法律も多く制定されており、ドイツの社会全体は、その経済的強さを持ちつつも、国民の生活を優先させた、ある意味マイペースで動いているように見られます。

    またそれだけでなく、家賃や食費など、生活に欠かせない費用の殆どは、日本は勿論のこと、イギリス、フランス等、殆どの先進国のそれより安く、そのような意味でもドイツは、豊かでかつ、社会ストレスの少ない、生活のしやすい国であるといえます。

  • ヨーロッパの中心地: 他国へのアクセスが便利

    ヨーロッパのほぼ中心に位置するドイツは、他の国へのアクセスも便利で、ドイツを拠点とすることにより、殆どのヨーロッパ各国へ簡単に行き来できます。例えば、ドイツ北部のベルリンからは、ポーランドまで電車で1時間。南部のシュバルツバルド(黒い森)からは、なんと1時間弱で、スイス、フランスの両国まで行けてしまいます。
    「ヨーロッパのあちこちを旅したい!」という人にも、ドイツでの生活はオススメです。
ドイツで独語を学ぶ
ベルリン、フランクフルト、ミュンヘン etc. 詳細はこちら
オンラインで学ぶ
ドイツ語講座

アルファベット、基礎単語や役立つフレーズ集など。詳細はこちら